ファッション初心者に贈る色合わせのコツと柄の選び方【ファッション初心者講座④】

ファッション初心者に贈る色合わせのコツと柄の選び方【ファッション初心者講座④】

色や柄は服を彩る大事な要素です。そのため、使い方を少し間違えただけで残念なコーディネートになってしまいます。しかしこの記事を読めば、あなたは色や柄の使い方をマスターしていることでしょう!

色をうまく合わせるためには何を知ればいいのか。

色は古くから研究されつくしている要素です。なので、必勝法が存在しているのです!そこで、まずは基礎から学んでいきましょう。

色には有彩色と無彩色がある。

色は大きく分けて、有彩色無彩色が存在します。この二つをざっくりと解説すると無彩色は白黒グレーで、有彩色はその他の色すべてのことを指します。

無彩色はモノトーンと呼ばれ、ファッションにおいては基本となる色になります。また、ドレスの要素を持ちます。モノトーンは大人っぽく落ち着いた印象があり、さらに簡単に高級感の出せる色です。特に黒色は、色の反射が少ない分生地の凹凸が目立たないため、安い生地でも高見えさせることができます。なので、GUなどのあまり生地にこだわっていないブランドでコートを買う際は黒を選ぶことをおすすめします。

有彩色はモノトーンと違って個性を出せるので、色で遊ぶといったことが可能です。また、カジュアルな要素を持つ色が多いです。色を使いすぎると全体的な印象がぼけてしまいます。なので、初心者のうちはモノトーン+一色でコーディネートを組むようにすると完成度が高いコーデを簡単に作れるのでお勧めです!

原色はなるべく避けたほうがいい。

原色とは純粋な赤や純粋な青などのことを指すのですが、初心者のうちは避けるのが無難です。というのも原色は少し印象が強すぎるため、扱いがかなり難しいアイテムになっています。なので初心者のうちは、ダークトーンという少し暗い色を合わせるとドレスとカジュアルのバランスがとりやすくおすすめです。

アースカラーは殆どの人にウケる色合わせ

アースカラーはご存じでしょうか。アースカラーとは、地球に存在する主な色である、ブラウン、ネイビー、カーキ色などのことを指します!こういった色は、【ブラウンとネイビー】や【カーキとブラウン】みたいに複数の有彩色で合わせても簡単にそれっぽく見せることができます。そして、アースカラーは簡単に好印象を与えられる色合わせなので、ぜひ覚えておくと便利です!

柄を扱うときは慎重になるべきである。

服と柄とは、切っても切り離せない要素です。ぶっちゃけ最初のころは無地の服をおすすめしたいのですが、やっぱり柄物はいずれほしくなるものなのでここでは柄物の基本と選び方を解説したいと思います!

複数の柄を組み合わせるのはNG

結論から述べると、柄は1コーデに1アイテムまでにしましょう。というのも、世の中にはたくさんの柄が存在します。なので当然たくさんの服の柄があるわけで、何も考えずに服を選んでいくと上下柄物といったことも発生します。断言しますが、これはマジでやめた方がいいです。その理由は、一番女子受けのいい服というのは無地の服ということにあります。なぜかというと、シンプルな無地はスーツスタイルを反映させたドレス要素だからです。要するに、我々男子はシンプルなコーディネート目指すのがおしゃれへの一番の近道なのです!

しかし、柄を使いたくなるのは仕方のないことで、無地の服ばかりだと飽きてしまいます。そこで、先ほども述べたとおり、一つのアイテムに柄を入れることによって、マンネリを脱却できなおかつごちゃごちゃしすぎないシンプルなコーデに仕上がるのです!

2色以上有彩色を使っている柄は要注意

↑二色以上使っているが色の差が少ない例(左)同系色を使った例(右)

何回も口酸っぱく言いますが、シンプルがおしゃれの基本です。なのでもしも、おしゃれのために赤と青のボーダーTシャツを買おうとしている友達がいた場合は、刺し違えてでも止めるべきだと僕は思います。有彩色を2色以上使ってしまうと、カジュアルな要素が強くなってしまい子供っぽい印象になってしまうため、おしゃれに着こなすことが非常に困難になります。なので初心者のうちはモノトーンの柄や、同系色の色を使った柄色の差が少ない色合わせを使った柄の服を着ることをおすすめします!

模様の幅が大きいほどカジュアルな印象になる

↑模様の幅が大きい例(左)模様の幅が狭い例(右)

どんな柄にも言えることなのですが、柄の幅が狭いとカジュアルな印象は薄く見え、柄の幅が太いとカジュアルな印象が強くなります。どちらが良くてどちらが悪いと一概には言えませんが、ドレスとカジュアルのバランスを保つうえで重要なことなので覚えておくと便利です!

初心者はストライプとブラウンのチェックから使い始めるべき。

初心者はまず、ストライプ柄から手を出しましょう!というのもストライプ柄は比較的失敗しにくく、縦の印象が強くなるため全体的に長く、スタイルがよく見える効果があります!また、独特のさわやか感も持っていますので、とてもおすすめです!

チェック柄は失敗も多く少し難しい印象を受けがちですが(主に秋葉系オタクのせい)実はお手軽におしゃれ感を演出できる神アイテムなのです!しかし、赤や黄色などの原色のチェック柄はとてもオタク感が強く着こなしが鬼のように難しいので、チェック柄はブラウンのグレンチェック、もしくはモノトーン白とネイビーのギンガムチェックのものを買うようにしましょう。

特にブラウンのチェック柄は、チェック柄のトレンドブラウンのトレンドの二つを持った特盛みたいな柄なので、超々おすすめです!

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます!以上が色と柄の組み合わせになります!
最後に、下のボタンをぽちっとしていただけると励みになりますのでよろしくお願いします!それではっ!